工房だより -ブログ版-

岐阜県恵那市笠置山の工房「はせ工房」の様子と山里の暮らしを綴ります

岐阜県恵那市笠置山の工房で手作り家具や木製品を制作しています。
制作風景や山里の暮らしを綴っていきます。
はせ工房のホームページはこちら

脚の傾斜は100分の15です。角度は8.5度の傾きになります。
木工でも、三角関数が必要になるんですよ。
タンジェント8.5度が約0.15になるからです。

このチェアはいろいろな箇所で8.5度の傾きが必要になります。

今日は、座板のほぞと前脚が入るほぞ穴、前脚と後ろ脚のほぞ穴とほぞの加工を終えました。


KIMG0948

KIMG0949

難しい墨付けを終え、今日は座板のほぞとほぞ穴の加工でした。


KIMG0938


KIMG0939

背板とヌキの部材が揃いました。

KIMG0935


次は、接合する箇所の墨付けです。このチェアの脚の傾きは15/100とかなり角度があります。

KIMG0936

すっかり、外は暗くなり、おなかもすいたので今日はここまで。


↑このページのトップヘ