工房だより -ブログ版-

岐阜県恵那市笠置山の工房「はせ工房」の様子と山里の暮らしを綴ります

岐阜県恵那市笠置山の工房で手作り家具や木製品を制作しています。
制作風景や山里の暮らしを綴っていきます。
はせ工房のホームページはこちら

今日から、スウィートチェア(私が名付けた名前です)2個の制作に入りました。
15年ほど前にデザインした椅子です。座板はおしりの形に合わせ、抉っています。
脚は左右に100分の15の傾きで末広がりになったシンプルで座り心地の良い椅子です。

101006-2b


101006-3b

材料は、国産ナラ材で作っていきます。座板はとっておいた樹齢260年以上の一枚板を使います。一面を電気カンナと手鉋で平らにして、プレーナーをかけて厚みを決めました。

KIMG0926

KIMG0929

KIMG0930

KIMG0931

後脚と前脚も4本づつ、木取りが終了しました。
明日は、背板・ヌキの木取りをして、加工に入っていきます。



豆机の部材を仕上げ、組み立てが、完了しました。

KIMG0916

植物性(えごま油ベース)の自然塗料で塗装し、完成しました。

KIMG0919


今日は、久しぶりの雨が、しとしと降っています。恵みの雨で工房周辺の樹木や畑は、大喜びの表情です。ミツバツツジとモミジの新緑が美しいです。

KIMG0921

KIMG0922

豆机の部材、天板、脚4本、ヌキ2本が2組、加工が完了しました。

組み立ての前に部材を水で濡らします。

明日、かんながけをして部材を仕上げ、組み立てます。

KIMG0913

天板の角は、当たっても痛くないように柔らかい曲面に仕上げます。

KIMG0914

↑このページのトップヘ