工房だより -ブログ版-

岐阜県恵那市笠置山の工房「はせ工房」の様子と山里の暮らしを綴ります

カテゴリ: 作品

ここ笠置山も、少しづつ暖かくなってきました。

昨日から、国産のカエデ材で「フライ返し」を作ってます🖐️

帯のこ(バンドソー)で大まかに切削し、ベルトサンダーで研磨していきます。何回かの工程を経て、ツルツルの手触り面触りに仕上げます。KIMG0716KIMG0710
KIMG0714
KIMG0720
KIMG0713

ポットプレートでお好み焼きや餃子の時は、大活躍です🎵

スマホやPCで簡単にできるブログいいですね。
皆さんの役に立つような情報を発信できたらなあと思います。


今日は、3枚接ぎのヒノキの天板に2枚ほぞのほぞ穴を空け、組み立てるところまで進みました。

KIMG0745
KIMG0747
KIMG0749

IMG_20210317_145924_669
IMG_20210317_145924_570


昨日から、スタートした「ヒノキのスツール」の座板と4本の脚の加工が進み、仮組をしました。

お客様のご依頼で、今までのスツールの傾きを少し抑え7.5%にしています。まずまずのバランスと思います。
座板の大きさは、幅36㎝、奥行き30㎝、高さ45㎝になります。
脚の底は、座板の大きさの中に納まる形になります。


KIMG0755
KIMG0756




5月の節句に飾る人形に合わせ、ヒノキで「屏風と台」を制作しました。
台は反りにくい樹齢120年以上の柾目の板を使いました。

KIMG0813

KIMG0811
KIMG0812



今日は天気も良く、仕事がはかどりました🎵
「桧の豆いす」の特徴であります「畳ずり」の加工が進みました。

豆いすは、背板、後脚2、前脚2、幕板2、畳ずり2、座板の部材で成り立っています。
畳ずりがなくなっていたので、まとめて制作しました🖐️

KIMG0858
KIMG0859
KIMG0857

午前中は、先日完成した「ヒノキのスツール」をお客様が引き取りに来ていただきました。

KIMG0851

KIMG0853

↑このページのトップヘ